言いたい放題 ~Hiikichi's BLOG=Ⅱ=~          

知っていること、知らないこと、知りたいこと、知りたくないこと・・・ この社会に対して色々思う事を書いてみるBLOGです。

原爆資料館の意義

アメリカ合衆国の前大統領バラク・オバマ氏が広島を訪問し、スピーチを行ってから(2016年5月27日)1年以上が経ちます。

あまりにも短い訪問時間。そして、如何にも事前用意されたスピーチ内容。多くの人は期待を裏切られたと思ったでしょうし、此方も、何の感動も覚えなかった。

当時の国務長官ケリー氏が、「合衆国大統領も訪問してそれを感じるべきだ」と言ったのは、広島に来るだけではなく、原爆資料館の展示物をしっかり見て肌身で感じるべきだという趣旨であったと理解しています。だからオバマ大氏には、原爆資料館で感じた事をそのまま素直に話して欲しかった。スピーチ時間など短くても構わない。スピーチ時間の長短より、原爆資料館で感じたままの言葉を聞きたかった。少なくとも、ケリー氏はちゃんとそれらを見て、心で感じたままを口にしたと思っている。

 しかし、オバマ大統領の原爆資料館訪問時間はあまりにも短かった。殆ど何も見ていないだろう。原爆資料館へ入り、展示された数々の資料をちゃんと見たら、もっと違う言葉が口をついて出て来た筈である。スピーチで欲しかったのは、謝罪の言葉や核廃絶に対する思いではなく、原爆の恐ろしさを資料館で見て、何を感じたか、なのだけどね。あのスピーチには大いに失望した。改めて、アメリカ合衆国の指導者ってのはその程度のものだとも感じた。

あの程度の事であったなら、大統領任期を終えた後に十分な時間をとって、広島のみならず長崎へも行って、2カ所への投下それぞれを感じ取り、本当に核被害に対して思った事を手記にでもなさってくれた方がよっぽどマシだった。

現役のアメリカ合衆国による初めての広島訪問がなされた事により、戦略核の廃絶へ向けた大きな一歩となる、なんていう甘い論評も少なくなかったが、本当に甘い論評だったね。何の弾みにもならなかった。現大統領は来るわけないし、アメリカ合衆国の政界・財界が核の恐ろしさを認識する事は絶対にないね。

 

昭和20年8月の2つの都市への核攻撃の成果それぞれに対して、アメリカ合衆国の政治リーダー達、軍人・兵士達、そして合衆国民の多くは胸躍らせたのだろう。一瞬にして多くの日本人を死の淵へ追いやったことに歓喜の声を上げ、祝杯を挙げたことは間違いない。戦争の勝利を決定付けられたことで、戦争の幕が下せるという事での拍手喝さいであるのなら、それはそれで仕方ない。しかしそうではない。彼らの歓喜は、憎むべき日本人を核攻撃で黒焦げにして抹殺で来たことであり、高揚感に包まれたのだ。兵士ではない、他国と言えども同じ人間として生きている「市民」の命が一瞬にして消えたことを驚くのではなく喜んだのだ。

 

世界中の国家が、新しく政治リーダーが決まった時には、先ず、広島か長崎の原爆資料館を訪れた方がが良い。核兵器が使用された時の、本当の悲惨さを知るべきだ。特に、北朝鮮支那の指導者には今からでも訪れて欲しいものだ。広島、長崎の資料館へ実際に行って、あの空気を肌で感じなければならない。それを知って核を語るのと、知らずに核を語るのとでは伝え方、伝わり方が全然違う。

ケリー氏の言葉に感じたアメリカ合衆国の政治家の変化への期待はオバマ氏によって打ち消された。が、アメリカ合衆国ってのはその程度だが、世界には多くの国家がある。無駄に経済支援を行うより、為政者達への日本訪問費を払って、原爆資料館を見せた方がよっぽど国際貢献になる。世界のどの国にも不可能な、我が国にしか出来ない事だ。