言いたい放題 ~Hiikichi's BLOG=Ⅱ=~          

知っていること、知らないこと、知りたいこと、知りたくないこと・・・ この社会に対して色々思う事を書いてみるBLOGです。

憲法と心得(下)

自民党及び自民党を盲目的に支持する人達の憲法改正は、憲法9条を破棄する(或いは条文の文言を変える)目的に限定されている、と言って言い過ぎない。自己防衛システムが機能するのかどうか、兎に角それが不安で仕方がないわけだ。日米安保条約を結んでいて、在日米軍が在って、しかし、自国の軍が先に機能しない限り米軍が動くわけがない事をよく知っているから、自国の軍事システムが確実に機能する法整備が欠かせない、その為には憲法9条という足枷を外すしかない。というのは正論には違いない。しかし一方では、憲法9条が有ろうが無かろうが、自衛システムは機能して当たり前という事もほぼ既定路線になりつつある。

問題は、北朝鮮支那、或いは韓国もそれに当たると思っているが、そのような敵性国家があからさまな軍事行動を見せた時、攻撃されるまでじっと待つしかないのか?先制攻撃は許されないのか?という疑念に対して、現行憲法のままでは明確な答えは出せないでいる。いや、答えは出ている。専守防衛以外は認められず、相手の攻撃を受けてからでないと反撃は許されない。が、韓国は兎も角として、北朝鮮支那のように、核攻撃も辞さない、支那に至っては、日本人をこの地球上から抹消するとまで言い切る者が軍事の上層部に君臨するような国家を相手に、先制攻撃を受けたら、それは間違いなく"核攻撃ありき"を意味する。広島や長崎の規模を遥かに凌駕する規模の甚大な被害を蒙った時、我が国は「反撃」などという手段を講じて良いのか?また二発目、三発目を受けたら国家機能は忽ち壊滅するのではないか?だから先制攻撃が出来る法整備が必要なのだ、と、自民党自民党支持者達は本気で憂いているわけだ。自民党支持者ではなくても、此方もそれは思う。敵性国家が本気になって攻撃すると言って来た場合、「話し合い解決」などの余地はない。そんなふざけた事を絶対に言わせない為に、こちら側も、相手を先に潰せるシステムを持っておくのは当たり前のこと。

という事を踏まえた上で、この日本国という愛して止まない誇りある国家に対して、本当に誇りある愛して止まない国家と思っているのか、お前らは。と、思わず毒吐きたくなるような異常社会状態であるからこそ、問題は憲法9条どうのこうのじゃない、全部刷新して当然だと言いたいわけです。国家云々の前に、自分以外の家族、隣人、地域社会の人々、皆と協力して守り合う気持ちが持てなくて、本当に国なんて守れるのか?ってこと。

夫婦で虐待、家族で虐待、学校で集団苛め、隣人トラブル、見ず知らずの他人に対する一方的な言い掛かり、ネットの匿名性を悪用した嘘・捏造・詐欺・暴言、その他、同じ国民や地域社会の住民に対する「暴力」が止むことはなく、寧ろ、急拡大している。自国内でもこんな感じだから、我が国がもしも先制攻撃可能な国家になったら「怖い」というのが近隣諸国の反発材料にもなっている。

 

本当に、夫婦、家族、隣近所、地域社会・・・等々を愛して、そして同朋国民を愛せる民ならば、一方的に自国を敵視する隣人国家があるのなら、それらを無駄に刺激しない国家運営のやり方もある筈だ。それが本当に出来ない時は先制攻撃やる覚悟を示しておく。その為の憲法刷新が重要。攻撃を可能にする為の憲法ではなく、自己中心の身勝手な自由ではなく、礼節を弁えた上で自由を満喫出来る国家を成す為の憲法が必要。心が腐った人間ばかりでギスギスした社会の雰囲気を和らげないと、弱者はますます救われない。

時代の違いにより国政の形や社会システムは様々に変化する。保守政治家は、変化を嫌う、時の移り行きを認めない古臭い考えの持ち主であるかのように取られ勝ちですが、そうではない。「国柄」を守るのが保守政治家。「国柄」を守る為には、社会システムを時代時代に応じて変化させなければならない。それを担うのが保守政治家であるべきなのだ。そもそも憲法を含め、法律は時代法であるべき。時代に即さなくなればその都度変化させて当たり前。しかし、絶対に変化させてはならないのが、国家国民としての「心得」です。

 

 

いきなり話は過去へと遡りますが、「十七条憲法」は、公職者を対象にして、生活や仕事の心がけを解いた憲法だった。僅か17文ながら、(当時の)目指すべき国家像は明確に理解出来るものだった。

十七条憲法は、目指すべき国家国民(公民)の心を説いた法として素晴らしい。しかし、憲法である以上、当時の時代法である事に変わりは無い。だから、残念ながら現代憲法として用いる事は不可能。然りながら・・・

日本人たるものの心得の参考とするべき言葉が多く記して有るのも事実。

ニッポン人としての心得さえ共有出来れば、主義主張する経済や防衛の有り方が多少違っても、歩み寄れる筈。同じ心得を皆が持てば、政権交代も怖くない。というわけで、憲法十七条を改めて読んでみたい。 

日本書記の記述原文は以下の内容ですが、参照文として記載しておきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

夏四月丙寅朔戊辰、皇太子親肇作憲法十七條。
一曰、以和爲貴、無忤爲宗。人皆有黨。亦少達者。以是、或不順君父。乍違于隣里。然上和下睦、諧於論事、則事理自通。何事不成。
二曰、篤敬三寶。々々者佛法僧也。則四生之終歸、萬國之禁宗。何世何人、非貴是法。人鮮尤惡。能敎従之。其不歸三寶、何以直枉。
三曰、承詔必謹。君則天之。臣則地之。天覆臣載。四時順行、萬気得通。地欲天覆、則至懐耳。是以、君言臣承。上行下靡。故承詔必愼。不謹自敗。
四曰、群卿百寮、以禮爲本。其治民之本、要在禮乎、上不禮、而下非齊。下無禮、以必有罪。是以、群臣禮有、位次不亂。百姓有禮、國家自治。
五曰、絶饗棄欲、明辨訴訟。其百姓之訟、一百千事。一日尚爾、況乎累歳。頃治訟者、得利爲常、見賄廳讞。便有財之訟、如右投水。乏者之訴、似水投石。是以貧民、則不知所由。臣道亦於焉闕。
六曰、懲惡勸善、古之良典。是以无匿人善、見-悪必匡。其諂詐者、則爲覆二國家之利器、爲絶人民之鋒劔。亦佞媚者、對上則好説下過、逢下則誹謗上失。其如此人、皆无忠於君、无仁於民。是大亂之本也。
七曰、人各有任。掌宜-不濫。其賢哲任官、頌音則起。姧者有官、禍亂則繁。世少生知。剋念作聖。事無大少、得人必治。時無急緩。遇賢自寛。因此國家永久、社禝勿危。故古聖王、爲官以求人、爲人不求官。
八曰、群卿百寮、早朝晏退。公事靡監。終日難盡。是以、遲朝不逮于急。早退必事不盡。
九曰、信是義本。毎事有信。其善悪成敗、要在于信。群臣共信、何事不成。群臣无信、萬事悉敗。
十曰、絶忿棄瞋、不怒人違。人皆有心。々各有執。彼是則我非。我是則彼非。我必非聖。彼必非愚。共是凡夫耳。是非之理、詎能可定。相共賢愚、如鐶无端。是以、彼人雖瞋、還恐我失。、我獨雖得、從衆同擧。
十一曰、明察功過、賞罰必當。日者賞不在功。罰不在罪。執事群卿、宜明賞罰。
十二曰、國司國造、勿収斂百姓。國非二君。民無兩主。率土兆民、以王爲主。所任官司、皆是王臣。何敢與公、賦斂百姓。
十三曰、諸任官者、同知職掌。或病或使、有闕於事。然得知之日、和如曾識。其以非與聞。勿防公務。
十四曰、群臣百寮、無有嫉妬。我既嫉人、々亦嫉我。嫉妬之患、不知其極。所以、智勝於己則不悦。才優於己則嫉妬。是以、五百之乃今遇賢。千載以難待一聖。其不得賢聖。何以治國。
十五曰、背私向公、是臣之道矣。凡人有私必有恨。有憾必非同、非同則以私妨公。憾起則違制害法。故初章云、上下和諧、其亦是情歟。
十六曰、使民以時、古之良典。故冬月有間、以可使民。從春至秋、農桑之節。不可使民。其不農何食。不桑何服。
十七曰、夫事不可獨斷。必與衆宜論。少事是輕。不可必衆。唯逮論大事、若疑有失。故與衆相辮、辭則得理。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

第一条(一に曰く)では、有名な「和を以って貴しとなし、忤(さから)うこと無きを宗とせよ」と書き出し、世の中には様々な人がいる。人は勢力を争い、悟りきった人格者は少ない。故に、君主や父親の言葉に従わず、近隣ともぶつかる。しかし、上に立つ者も下につく者も、協調・親睦の気持ちを以って話し合えば、自ずから物事の道理に叶い、(戦わずして)如何なる事も成就すると記されている。つまり、武器を持つ前に腹割って話し合うべし・・・と諭されている。これが人としての姿勢の全てを言い当てています。

我が国の国民なら、自分の筋を通したいなら、武力ではなく「言の葉の力」(=知力)を以って解決せよ

言われていることはそういう事でしょう。此処には、争い事から目を背けて逃げよなど何も書いていない。解決手段は「話し合いに求めろと記してあります。

我が国の首相が、過去何度か(対話が出来なかった頃の)支那や韓国に対して「こちらは胸襟開いて待っているから話し合おうや」と公言していた事は、我が国の民の心得として正しい。向こうは、逃げてばかりいた。首相をあまり好きではないが、これは正しかった。今現在の首相は任期も長期化し、側近含めてのぼせ上がり過ぎた。

 

第一条以降は、仏教天皇の絶対性を書かれてあったりもしますので、全てが現代に合うとは言えません。しかし、礼儀作法の重要性二重課税の禁止公による民間業務への介入禁止賞罰の適正化勤勉勤労の絶対性嫉妬を戒める、・・・その他諸々、日本の国家国民公民たるものはこうなければならないと言う事を実によく書き示してあります。

復憲は言い過ぎですけど、十七条憲法に限らず、明治憲法や各武家の諸法度の中にも、絶対に捨て去ってはならない日本人たるものへの戒めの言葉が多く有ります。日本の心得=国柄を記す法として未来永劫残し守る事が我が国にとって最も大事だと思います。

「国柄」こそ護らねばならない。日本人として「日本の国柄」を変えられる事が何より許せない。外国からとやかく言われる筋合いに無い