言いたい放題 ~Hiikichi's BLOG=Ⅱ=~          

知っていること、知らないこと、知りたいこと、知りたくないこと・・・ この社会に対して色々思う事を書いてみるBLOGです。

ロリコンの毒

ウラジミール・ナボコフの禁断の書「ロリータ」を基に、特定年齢層にしか愛情を持てなくなった男が如何に危険かについて書いたことの続きです。(=> 参照記事

政治家でもあるナボコフは、代表作と言える「ロリータ」で、主人公ハンバート・ハンバートをモデルに、ニンフェットに対する大人の欲望(性愛欲)を描いてみせた。ナボコフの真意は分かりませんが、少女への偏愛趣向を持つ大人達、性の興味を隠し切れない少女達、双方へ警鐘が鳴らされた?

まあね、綺麗な少女はたくさんいるし、大人が少女に惹かれる事もあるでしょう。けれども、少女へ恋心を抱くことと、「少女でなければ愛せない」は全く別物

 

我が国の代表的長編小説「源氏物語」の主人公・光源氏と、ロリータのハンバート・ハンバートは共に少女から慕われるがその経緯は全く違う。光源氏は少女性愛主義者ではない。

大人の女性(母の面影を持つ藤壷の宮=父の後妻)に恋焦がれた源氏は、藤壷と印象が重なる少女・若紫を囲う。そして(藤壷のような)理想の女性に育て上げようとする。光源氏18歳で若紫8~9歳の出会いです。若紫は頼れる相手を誰も持たず、光源氏を兄とも慕い、父とも慕い、そしてママゴト感覚ではあるが将来は優しい源氏の"お嫁さん"となり生涯傍に居られる事を夢見るようになる。

洋の東西を問わず、権力者と結婚相手の年齢差が一回りも二回りも、更に三回りも違う事はザラにあった。しかし、紫式部が描いた光源氏は、明らかに、若紫を理想の女とするべく心を"調教"していた事になる。若紫は自我の目覚めにバランスを失い、徐々に心に異常を来たしていく。人間心理、男女の心理を見事に描いた紫式部という女性は、心を読み解く天才です。故に、我が国きっての才媛と呼ばれたのでしょう。

源氏と若紫(=紫の上)は晴れて夫婦となる。が、源氏の身の上に様々な事が起こり理想の夫婦関係を構築出来たとまではならない。源氏は恋多き男性で、理想の女に育て上げた紫を妻としても多くの女性と遍歴を重ねる。が、二人は紫が生涯を閉じるまで夫婦だった。

約千年後に書かれた「ロリータ」の主人公ハンバート・ハンバートは、明らかに少女性愛主義者として描かれた。その相手ドロレスが、ニンフェット期の少女だからこそ彼は意識して恋する。彼は、その女性の特定年齢時期に対して性的に欲情する男だった。そしてその事を見抜いたかのように義父となったハンバートを誘惑するドロレス。ドロレスは、自分が大人を誘惑したのだが、それはハンバート・ハンバートが、ドロレスにそう仕向けたことでもある。そして、ドロレスも壊れていきます。

 

源氏物語の若紫。ロリータのドロレス。立場も相手も全く違うけど、少女が大人と向き合えば向き合うだけ、心のバランスが壊れていく。という事を、紫式部は女性の側の視点から、ナボコフは男性の側の視点から描いた。そして、結果として二人とも(紫、ドロレス)、けっして幸せな結末には至らない。(それなりに納得出来る人生であったのかもしれませんけど)。

 

ウラジミール・ナボコフは、ロシア貴族(父は政治家)の出で、ロシア革命時にドイツへ行き、そしてアメリカ合衆国へと亡命した作家であり政治家です。普通に結婚して子どももいた。だけど著作した「ロリータ」はあまりにも衝撃的だった。この作品を書いてしまった(どうしても書きたかった?)ナボコフは、欧米社会の性の闇を表沙汰にした。ナボコフ自身が、少女に対する性愛欲望があったからドロレスに対するハンバート・ハンバートの情欲を描けたのか、それは何とも分かりません。けれども、ハンバート・ハンバートには、誰でも成り得る。とは言いたかったのかもしれません。

王侯貴族達による近親婚やあまりにも若い少年王、少女妃などの存在。王室風紀の乱れ。そういう影響もあってフランスは革命を起こされた。そしてナボコフの祖国ロシアでも革命が起きた。ロシア革命は、王朝の風紀の乱れが原因ではないですが、政治家でもあるナボコフは、性の低年齢化が王侯貴族のみならず一般社会にまで及んでいた事を危惧していたし社会風紀が乱れれば、国は滅ぶ。警鐘を鳴らす意味でロリータを書いた?

 

性の低年齢化はろくな社会を招かない。という事には賛同します。が、此方が賛同しようと何しようと、我が国にも、確実に性風紀の乱れは起きている。多くのロリコンが今日も少女たちの体に視線を這わせ、少女たちは大人を手玉に取って金を得る。金品を得ても心の領域は失っていくばかりになる。心の汚れた魅力薄れた女達ばかりの社会は必ず腐って朽ち果てる。女は社会の母でもあるのに、女性の心が腐っていけば社会が腐るのは当たり前。だから、ろくな男は生まれて来ない。ろくでもない男が増え、ろくでもない男しか相手に出来ない女が増え・・・情けない国と化す。