言いたい放題 ~Hiikichi's BLOG=Ⅱ=~          

知っていること、知らないこと、知りたいこと、知りたくないこと・・・ この社会に対して色々思う事を書いてみるBLOGです。

ロリータ・コンプレックス怪説

親は、子の成長を喜ぶ。教師は、教え子の成長を喜ぶ。普通はそれが当たり前。子や教え子が成長していく姿を見るのは嬉しいものだ。ところが、"子ども"が成長し大人へとなっていくことを忌み嫌う者達が社会には存在します。子どもには子どものままで居て欲しいと願う、俗に「ロリコン」と称される者達を今回は取り上げてみます。

  

ロリータ・コンプレックスという言葉の"コンプレックス"は、劣等感のコンプレックス=inferiority complexとは別物で、観念の一種です。ロリータ・コンプレックスを略した言葉である"ロリコン"はいわゆる和製英語。欧米にロリコンという言葉は存在しない。欧米社会では、全てベドフィリア(児童に対する性趣向)という言葉で括られます。ベドフィリアの性癖を持つ人をペドフィルと言うらしいのですが、ベドフィリア対象年齢の上限は11歳と定義付けされています。という事は、極端な解釈をすると欧米に於いては12歳以上との性行為は罪ではない?

オランダでは、噂では相手が12歳以上であれば罪には問われないと聞いたことがありますが、それは極端な例でしょうけど、一般的には欧米でも、成人年齢自体は18歳以上と法定している国が大半です。成人が未成年との性行為に及べば、それは罪に問われる筈です(州によってバラツキはあるが、アメリカ合衆国ではそうだと聞いた記憶があります)。

 

さて我が国で言うところの「ロリコン」ですが、一般的には、ウラジーミル・ナボコフが、著作小説「ロリータ」の中に用いた言葉「ニンフェット」(9歳~14歳の年齢の少女達)を性的対象とする成人男性を指すと定義付けされる。年齢的にはニンフェット幅を多少前後するかもしれませんが、"特定年齢層"の相手にのみ性愛感情を覚える偏執狂と言えます。ニンフェットであっても、見た目がそうではない大人びた相手には惹かれない事も有り得、つまり、対象年齢を超えた途端に興味を失くす。つまり、好意を持った相手の成長を嫌うってわけです。 

ロリコンもベドフィルも、好きになった相手が、その特定年齢層を超えて成長する事を異常に恐れる傾向にあり、愛情を注げる時間範囲が異常に狭い=心の容量が小さい。それを隠す為に様々な嘘を吐くのですが、嘘を吐く習性を持つことを含めて、その存在は社会悪以外の何ものでもない。

「成長」を嫌い、心の許容範囲が狭いことは危険です

  

ウラジミール・ナボコフの著書「ロリータ」では、先に仕掛けたのは12歳の少女ドローレス。大人の心を見透かして大人の心を奪いに行く。そして大人はまんまと心を奪われる。何の覚悟もないまま、ただの穢れた性愛感情だけで、少女は大人を相手に出来るし大人も自分に都合好く少女を相手に出来る。という事をナボコフは描いて見せた。

小説を深読みするなら、ドローレスが自分の意思でこちらに近付いて来るように仕向けたのは、実は少女偏愛主義者の主人公ハンバート・ハンバート。彼は、まだ少年の頃、従姉に恋をする。その恋はハンバートを性に目覚めさせるきっかけになったが、その早過ぎる性の目覚めを親達に気付かれて従姉との仲を引き裂かれる。ハンバート・ハンバートは、従姉の体(少女の体)を想い夜も眠れない状態になるのですが、従姉は突然死亡する。二度と果たせぬ恋(と言うよりは性欲)で終わります。そして、その時から(そのショックから?)彼は、当時の従姉と同じ年齢層の少女以外には興味を持てなくなってしまう。

普通の恋愛が出来難くなったハンバート・ハンバートは、年齢を重ねていったある日、理想の少女、12歳のドローレスと出会ってしまう。彼女の傍には母親しかいない事を知ると、ドローレスを手に入れる為だけに母親と結婚する。義父となれた彼は、まんまとドローレスに近付けた。

妻(=ドローレスの母親)とのセックスはあくまで儀礼的。しかし、その行為をもドローレスに感じ取らせて性的興味を持つように仕向けて行く。そして、母親に対してドローレスが嫉妬するようにも仕向けて行く。つまり、自分に対して恋するように義娘をコントロールしていくわけです。ドローレスは、義父の策略にまんまと嵌まり、父親としてではなく男として強く意識するようになる。

 

ハリウッド映画版のロリータでは露骨な性描写にこそならないのですが、この小説をモチーフに創られたロシア映画では、出演した少女に対してそこまでやらせるのか?と思わせる程、濃厚な内容。ですが、小説に忠実に制作すると当然の内容?ロシア映画は、母と娘と男の三人で愛し合うエンディングで終わったような・・・

 

小説に戻ると、馬鹿なハンバート・ハンバートは、ドローレスへの想いを日記に認めていくわけですが、妻(つまりドローレスの母)にそれを知られる。妻は、ドローレスの身の危険を察知してサマーキャンプ中の娘にそれを知らせようと電話ボックスへ走りますが、交通事故に遭い亡くなります。

邪魔な妻の存在が消えた事で、ハンバート・ハンバートはドローレスとの待ちに待った二人生活が始まる。

ところがドローレスは、サマーキャンプで初体験を済ませていた(つまり非処女となった)。そしてセックスに対して強い興味を持ったドローレスは、積極的にハンバート・ハンバートを誘う。そして、義父と義娘は穢れた関係へ・・・

やがて、異常な関係が外部に漏れる事を恐れたハンバート・ハンバートは、ドローレスを車に乗せてアメリカ中を旅する。が、ドローレスが大人になっていくにつれ愛情は冷めていく。ドローレスの側も、この関係はおかしいとようやく気づき、別の男と浮気したり、自暴自棄状態へ。そしてある時、ドローレスはハンバート・ハンバートの元から消えます。

それから数年後、大人になったドローレスと偶然に再開するハンバート・ハンバートは、母親そっくりになったドローレスを変わらず愛している自分に気付く。これでようやく小女性愛趣向から脱却したのですが、結婚を申し込んだハンバート・ハンバートですが、ドローレスには、ヤク中のヒッピーが付き纏っていた。(付き纏っていたというより、ドローレスの身上に同情して世話していた男?)。ハンバート・ハンバートは、そのヒッピーに対して憤慨。結局、その男を射殺して自首。

という結末なのですが、小女性愛趣向に陥ると、人生も狂うという事を、政治家でもあったナボコフは世に伝えたかったのか・・・

出版当時は異端作品と見做されたが、現在、ロリコンの男達は少なくない。ハンバート・ハンバートの行動を理想的などと思って憧れる男だっているかもしれない。この小説や映画化された作品は、ニンフェットしか愛せない男達に対して、禁断の扉を開いたのかもしれない。

娘の行動を制し切れない(叱れない)父親は、「ロリータ」を一読するといいかもしれない。少女の好奇心は父親の想像を遥かに超えている。そういう事を分かった上でしっかり躾けないと、誰の娘だって危険に晒される。世の中には、異常性癖を隠し持つ男はごまんといるのだから。