言いたい放題 ~Hiikichi's BLOG=Ⅱ=~          

知っていること、知らないこと、知りたいこと、知りたくないこと・・・ この社会に対して色々思う事を書いてみるBLOGです。

ちょっとだけ良い話・・・かも

宗室の遺訓、第二条の怪説他

九州におけるキリスト教布教の実態と九州の大名や諸豪族が当たり前のように鉄砲を保有している様を直に知って危機意識を強く持った。九州各地に勢力が分散していればまだしも、豊後が薩摩との戦(耳川の戦い:1578年)に敗れて以降は、薩摩が九州全体を…

宗室の遺訓のイの一番

島井宗室(1539年生~1615年没)は、天下人・豊臣秀吉の朝鮮遠征を何度も諫め、遂に秀吉の怒り心頭に発し蟄居を命じられます。対して、宗室と同じく「博多三傑」の一人である神屋宗湛(1551年生~1635年没)は、秀吉に最も重宝がられ「筑紫…

東長寺の『千字本』怪説

博多の東長寺には、空海上人の筆による千字文が収められています。が、これは、織田信長最期の寄宿所となった本能寺の居間に、信長自身の手で掛けられていたものです。どうしてそういうものが博多にあるかと言うと・・・ 信長が本能寺に招いていた主客が、博…

信長の大望、秀吉の野望

民に対して「栄えろ!」と命じた織田信長。 自らが栄えようとした豊臣秀吉。 民を富ませる事が国を富ませる事と理解した信長は、民に対して新たな物へ興味を持たせる事を考えた。「新たな物、物珍しい物なら欲しくなるだろう。」と単純明快且つ合理的な考え…

政治権力をあてにする事業(町)は廃れ行く

15代約250年続いた室町幕府に取って代わり、京の実権を掌握した織田信長。しかし、足利将軍家を排したとは言うものの、日本全土が「信長の天下」になったわけではない。特に、当時の九州などは織田家に屈したわけではなかった。 信長が、一目置かれる存…

王の誕生

狩猟と採集によって生活が支えられていた頃、ひとつの家族が暮らしていくには約1000ヘクタールもの土地が必要だった。しかし、狩猟が牧畜へ、採集が農耕へ進化した地域では、10ヘクタール程度の土地があれば一つの家族にっては十分な暮らしが営めるよ…

人、社会、物真似・・・そして信仰が起こった

人びとが、其処にいる生物(動物・魚介類)、其処にある植物(木の実・葉っぱ、マメ他)を狩猟採集している間は、必要な人数分に応じた量しか求めなかった。故に、人の数よりは他の生物や植物の誕生た成長の方が早く、自然豊かな世界と言うよりも人間も自然…

昔を知る意味

昔を知るには、「昔」を意識している「今」しかない。 今を知るには、「今」を意識している「今」しかない。 未来を知るには、「未来」に到達するしかない。未来は、「未来」に辿り着かなければ正確に知ることはない。 昔、古代、超古代・・・。昔を知る手段…

マンデラ氏の言葉

「人生の最大の栄光は決して転ばない事にあるのではなく、転ぶたびに起き上がり続ける事である=The greatest glory in living lies not in never falling, but in rising every time we fall.=。」 ネルソン・ホリシャシャ・マンデラ(1918年7月生~2…

シュメール人が残してくれた大事なもの

「快楽のためには結婚、よく考えてみたら離婚」 「喜びに満ちた心で花嫁、悲しみに満ちた心で花婿」 人類太古の都市ウルのジッグラト(古代期シュール人の神殿)付近に出土した粘土板には、当時の人々の暮らしに対する風刺文が色々刻まれている。 数千年以上…

短気を起こさない・・・『賢人の知恵』より

バルタザール・グラシアン(の著書)とはもっと早く出会っておくべきだった。例えば思春期の頃に。遅くとも社会人となる前に。『賢人の知恵』を見開いてみる度に、つくづくそのように思う。 もう人生の大部分を過ぎてしまったので殆ど遅過ぎるのですが、せめ…

宇宙と心

スーパー大陸ゴンドワナか、若しくはユーラシアが出来上がった後か、兎も角、日本列島は、大陸から引っ剥がされて、更に太平洋上の火山島とぶつかり合い押し合いへし合いしながら現在の姿に出来上がった。(=≫参照記事) 地球は眠っているどころか、地球は…

漢字の感じ方

此方に学がない事は度々お伝えしています。なので、文章が読み辛く、何を言いたいのか支離滅裂で、人様にお越し頂けるようなBLOGでは無いのですが、それは百も承知で今日も書きます。本日は、"漢字の感じ方"。 このような事は、我が国が漢字を導入して以…

物理学者の予言

第四次世界大戦が起こった時、武器となるのはただの石。 そのような事を断言した人は、1921年に「光電効果の法則の発見等」の功績によってノーベル物理学賞を受賞したアルバート・アインシュタイン(1879年3月~1955年4月)。 一般的には、原…

言葉を端折られる怖さ

前回、アルトゥル・ショーペンハウアー氏を賢才と持ち上げましたけど、奇才や異才と表記するのが正しい御仁であることは、この人の人物像を知っている多くの人が口を揃えることでしょう。 兎に角、自己愛に終始して、自分以外の者の才能を認めず、自分を高く…

健康一番

多忙になったつもりはなくても、何でも先送りする怠惰な性格が災いして結構時間に追われてしまった。BLOG記事の書き直しくらいすぐに出来ると高を括っていたけど遅々として進まず、歴史系のBLOG記事の修正修了時期は全然見えません。 はてなBLOG…

恋の魔力

お金は人を狂わす(人を変える)と言われます。お金は、多くを得過ぎても、逆に失い過ぎても危険を伴う。ならば、貧乏であろうと金持ちであろうとそのどちらでもない普通であろうと、あまり変化がなく収入が安定していれば現在と極端に違わず狂うこともない…

野獣だって愛を知る

エロチックなアニメーションなどでは、魔界の邪悪なものによって人間の女が凌辱されるというものも少なくないが、世の女の被虐趣向がそのような話を求めたのか、世の男の変態性欲がそのような話を求めるのか、まァ、阿保って言えば阿保です。特に前面にエロ…

「賢人の知恵」のご紹介

スペインの美術、音楽、文学が最も隆盛した15世紀から17世紀を「スペイン黄金世紀」と呼ばれます。その中でも16世紀中頃から17世紀前半までは「黄金の80年」とも別称される。それが何年に始まって何年に終わるのかは明確にされず、そこら辺が如何…